特別養護老人ホームつるとかめ
つるとかめ

つるとかめの目指すところ

たとえ認知症の症状があっても、なくても、私たちは人としての受け入れが大事
だと考えています。施設だからと言って、清く正しく美しくある必要はない。好きな
時に寝て、 好きな時に起きて食事をする。めんどうなら、パジャマのままで朝食を
食べて下さい。なるべく、自宅に近い形で生活してほしいと思います。もちろん施設
ですから、すべて自由というわけにはいかないけれど、オーダーメイドと既成服、そ
の中間くらいのイージーオーダーが理想です。
利用者さんが、今何ができて何ができないのか、人として生きていく際の様々な
側面をトータルに見極めながら、「つるとかめ」では入所者さんの心の安らぎと生き
生きとした暮らしを支えていくことを目指しています。時には我が家までの散歩、
入所者さん同士でのおしゃべり、保育園児と遊んだり、ごろごろしたり、わが家の
ように気楽に自由に。
でも、必要な時には呼べば誰かが来てくれる。皆さんの安心できる居場所で
ありたいです。


つるとかめの特徴


全室が個室

つるとかめのお部屋は全室が個室です。ベットと簡単な棚は用意してありま
すが、あとは好きなものを持ってきてよい事になっています。今まで使って
いた馴染みの家具や小さな仏壇、大切な人の写真や位牌、テレビや冷蔵庫
などを入れて、皆さん思い思いのお部屋にしています。ベランダでお花を育
てている方もいらっしゃいました。個室ですので面会の方ともゆっくり過ご
していただけます。ご家族が利用者さんとお部屋で一緒に食事をすることも
できます。

面会時間

ご家族のみなさんの多くの方は日中お仕事されていることでしょう。仕事を
持っていらっしゃると平日の面会が難しくなるので、面会時間は長めにこの
時間帯に設定しました。仕事に行く前や仕事帰りに顔を見せるだけでも、
お父さんやお母さんは喜ばれると思います。短い時間でもかまいません、
気軽に寄って下さい。職員では見られない笑顔や、利用者さんの安心した
様子を見ていると、利用者さんとご家族がつながっている事が大事だと
思います。

つるとかめ
つるとかめ
お風呂

1人ずつゆっくり入っていただいています。効率を優先して大勢を一度に
入れないのは、入った方も入れた方も満足できるように。そんなしあわせ
な時間を共有できるように、それが理想です。利用者さんと職員が一番ゆ
ったりとした気持ちで関われる時間でもあります。また、一人ずつお風呂
に入れるので、ある利用者さんはお気に入りの入浴剤を使って入浴されて
います。もちろんお湯は1人1人張り替えるので清潔です。

保育園児との交流

施設の一階には保育園「うさぎとかめ」があります。普段から元気な声が聞
こえてきます。泣いている子どもの泣き声を聞いて、心配してくれる利用者
さんがいたり、行事のときなどには子どもにお菓子をあげたり、もらったり…。
多くの利用者さんが子供を見るだけで自然と笑顔になり、元気をもらって
います。


看取り

希望する方で医師の承諾あれば、つるとかめで最期を迎える事が出来ます。
職員とご家族の方々とで協力しあいながら、利用者さんとご家族それぞれが
これでよかったと思えるように見送ることができればと思います。


入所までの流れ

1 まずはお近くの地域包括支援センターにご相談ください。

2 要介護認定の申請を行い、要介護度が1から5と認定されれば、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)が利用できます。

3 要介護認定後に決定するケアマネージャーさんに介護老人福祉施設を利用したい旨の申し出をして、必要書類に記入後、希望する介護老人

福祉施設の一覧から「特別養護老人ホーム つるとかめ」を選びます。

4 申請後空き部屋ができ次第、順次こちらからご連絡差し上げます。


見学・申し込みまでの流れ

separator line